中学生のダイエットは大人よりもデリケート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

中学生のダイエットは、大人とは違い体がまだ成長過程なので、とてもデリケートです。誤った方法で行うと、成長に悪影響が出る危険性があります。

本当にダイエットが必要なのかということも考慮して、必要なときは健康的な方法で行うことが重要です。

ダイエットが本当に必要か考えよう

思春期を迎える中学生になると、スタイルが気になるようになり、ダイエットを始めたいと思う子供が増えてきます。

太り過ぎなど肥満の傾向がある子供は、健康状態を考えてダイエットを行ったほうが良いのですが、人の目を過剰に気にしてそれほど太っていないのに痩せたいと思っている子供も少なくはありません。

中学生の時期は、体の大事な成長過程の時期なので、極端な食事制限などでダイエットを行うと、体に必要な栄養を摂ることができず、体の成長に悪影響が及ぶ可能性があります。

栄養バランスが摂れた食事と適度な運動で行うダイエットならば健康維持にも良く、問題はないのですが、本当にダイエットを行う必要があるのかどうかをよく考えてからダイエットを行うようにしましょう。

無理なダイエットは栄養失調になる

食事の量を減らすとそれだけ摂取カロリーが減るので、痩せることができます。

しかし、無理な食事制限でダイエットを行っていると、体に必要な栄養を十分に摂ることができず、栄養失調になり、体調を崩してしまうことがあるので注意が必要です。極端な食事制限による栄養失調は、体調を崩すだけでなく、体に大きな影響が出る危険性もあります。

栄養失調で発育不足、女子は生理不順などの症状が起こることがあり、また、食べてはいけないという気持ちが強くなると拒食症など摂食障害になる可能性もあります。

無理なダイエットは危険性があるということを理解して、必要な栄養はしっかり摂りながら健康的なダイエットを行うことを考えなければいけません。

成長途中であることを自覚し、体重を気にしすぎないように

中学生、高校生の時期は、一生のうちで最も成長が進む時期です。成長の過程で体にさまざまな変化が現れます。その変化の1つで体重が増加するがあります。

体重の増加は、肥満ではなく、成長の過程である可能性もあるので、体重が少し増えたからすぐにダイエットをして体重を減らさなければいけないと思うのではなく、中学生の時期は、体が変化する成長の途中なので、体重が増えることもある、と成長途中であるということを理解しておかなければいけません。

成長の過程で一時的に体重が増えますが、ある時期を過ぎると自然に痩せてスリムになってくる人も少なくはありません。中学生の時期は、成長の途中であることを自覚して、体重を気にしすぎないようにしましょう。

中途半端に終わらせないようにしよう

中学生がダイエットを行うときに注意しなければいけないことは、中途半端に終わらせないようにするということです。健康的な食事と適度な運動を続けていてもなかなかダイエット効果を実感することができない場合があります。

効果を実感することができないと、モチベーションも低くなり、中途半端なところでダイエットを終わらせてしまう方も少なくはないようです。

食事制限など極端なダイエットを行うとすぐに体重が減りますが、健康的な方法でダイエットを行っていると結果が出るまでに時間がかかる場合があります。

結果が出ずに停滞しているときは、食べたいものを食べる期間を作るなど、気分転換ができる日を作るとモチベーションをあげることができます。

健康的にダイエットができる朝食フレッシュジュース

中学生のダイエットは、健康的なダイエットを行うことが重要なポイントになります。健康的なダイエット方法として、朝食時にフレッシュジュースを飲むというダイエット方法があります。

野菜や果物には、食物繊維や脂質や糖質の代謝を促してくれるビタミンを豊富に含んでいます。

そのため、野菜や果物を原料としたフレッシュジュースを飲むと、脂肪燃焼効果や、代謝が促進されると、痩せやすく太りにくい体質に体質を変えることができます。また、便秘がちな人は、食物繊維をしっかり摂ることで便秘も改善することができます。

フレッシュジュースは、野菜や果物をミキサーにかけるだけで簡単にできるので、健康的にダイエットをしたいと思っている方は、お試しをしてみてはいかがでしょうか。

通学でできるウォーキングダイエット

中学生で運動部に入っている人は、十分に体を動かしているので、運動不足になることはありませんが、それ以外の人は、適度な運動ができていない場合があります。

勉強や友人との付き合いなどで毎日忙しく、運動をする時間がないという方は、通学でできるウォーキングダイエットを行ってみてはいかがでしょうか。

通学でバスや電車を利用している方は、バス停や駅まで歩くときに、ただ歩くのではなく、背筋を伸ばして胸を少し張り、視線はやや前方を見ることを心掛けて歩きましょう。

歩くときは、着地するときはかかとから行い、踏み出すときは、親指に力を入れて地面を蹴るようにして歩きましょう。歩くスピードは、ゆっくりではなく、早歩きが効果的です。

骨盤は歪んでいないか?

ダイエットをしているけれど、なかなか効果が出ないというときは、骨盤が歪んでいる可能性があります。骨盤が歪んでいると、内臓の位置が下がってしまうことがあります。

内臓があるべき位置にないと、内臓に負担がかかり、消化不良などが起こり、お腹がぽっこりと出てくることがあります。骨盤が歪んでいると筋肉のつき方もバランスが悪くなるので、 老廃物が溜まりやすくなり、痩せにくい体質になってしまいます。

骨盤が歪んでいるかどうかは、O脚、X脚の人は骨盤が歪んでいる可能性があります。また、骨盤が歪むと体全体も歪んでしまうので、鏡を見たときに肩や腰の位置が左右均等でない場合があります。骨盤が歪みはストレッチや筋トレ、骨盤ベルトなどで矯正することができます。

背伸びをすることもダイエットの一環

背伸びダイエットは、食事の前に背伸びをするだけで痩せることができるダイエット方法です。1日3回食事の前に1分間背伸びをするだけでダイエット効果を期待することができます。

背伸びの方法は、まず、足を肩幅に広げて立ち、両手を上に伸ばして顔も一緒にゆうくりと背筋をそらしていきます。このときに鼻から大きくゆっくりと5秒程度息を吸い、息を吐くときは口から5秒かけてゆっくりと吐き出します。

この呼吸を3セット行い、その後に立ち方は同じで手のひらが上を向くように両手を組んで上に伸ばします。顔も上を向けて背中をそらしていき、鼻からゆっくり5秒息を吸って、次にゆっくりと5秒かけて口から吐きます。これも3セット行うと効果的です。

生理前には豆乳を飲もう

生理前に豆乳を飲むことで行うことができるダイエット方法があります。ダイエット方法は、生理の予定日の7日~10日前から豆乳を飲むだけというとても簡単な方法です。

通常生理前は、余分な水分や脂肪を溜め込み、生理後に溜まったものを吐き出す仕組みになっています。生理前に豆乳を飲むことで、生理前の溜め込みをなくし、生理後の吐き出しで前からある脂肪を燃焼させることができます。

生理が終わってから痩せやすい体質に体質を整えることができることでダイエット効果を得ることができます。豆乳ダイエットに使用する豆乳は、大豆と水だけで生成された成分無調整豆乳を選んだほうが良いでしょう。

豆乳が苦手という方は、飲みやすい豆乳飲料も良いのですが、カロリーに気をつけるようにしましょう。

入浴するだけでもダイエット効果が期待できる

入浴するだけでダイエットを行うことができる入浴ダイエットも健康的に行うことができるダイエット方法です。

毎日の入浴はシャワーで済ませるという方もいるようですが、ダイエットのためには、湯船にしっかりと浸かることが重要なポイントになるので、シャワーで終わらせず、しっかりと湯船に浸かるようにしましょう。
湯船に浸かると体が温まります。

体が温まると血行が促進され、血行が良くなると代謝が良くなり、脂肪燃焼が活発になります。

また、代謝が良くなり、発汗作用が促進されると体内に溜まった老廃物や毒素が排出されるので、むくみの解消にもつながります。入浴をするときは、しっかりと湯船に浸かることを心掛けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加