美人が取り入れているダイエット習慣!簡単にできる運動や食事のポイントをご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ダイエットで失敗をするのは習慣づけることができなかったことが理由の場合が少なくありません。

三日坊主で終わってしまうことも多く、効果が出る前段階での結末を迎えてしまっています。

そんな失敗をしないためには、負担になりにくいダイエットを選ぶことが大切と言えるでしょう。

毎日コツコツ続けることが一番大事


ダイエットで大事なのは、コツコツとでも良いので続けることです。基本的にすぐに効果が発揮されることはないため、継続していくことが必要です。

ただ、ハードな内容ですと面倒になったりやる気がなくなったりする可能性も高いため、負担のならない内容で地道に続けていくことが成功の秘訣と言えるでしょう。

つまり、どのようなやり方を選ぶかで成功の可否が左右されますので、効果の高さや話題性ばかりに注目するのではなく、続けていくことができるダイエット法なのかを判断の基準にすると良いでしょう。

そしてコツコツと続けることができれば体質を変化させていくことができます。短期集中で取り組んだ場合と違い、リバウンドのリスクも小さくなるため、後々に元に戻ってしまう可能性も低くなるのです。

 

食欲のままに食べてしまうのは注意が必要

食事や間食、おやつなど、何かを食べる時には食欲という本能に従ってそれを決定づけています。ただ、食べたいからと本能のままに行動していると太ってしまうのも無理はありません。

ダイエットのための基本は余計な物を食べないようにすることでもありますので、気が向くままに食してしまうのは注意が必要と言えます。

そこで実践をしたいのが、本当に食べたい気持ちがあるのかどうかを確認することです。

何となくお腹が減ったからと何かを食べたくなることもあると思われますが、その一方で実はそこまで食べたい欲求が強いわけではないこともあるはずです。

もし体の声を聴いて、どうしても食べたい時以外は我慢をすることが大切ですので、小腹が減った時などでも、体と相談をしながら本当に必要なのか考えてみた方が良いでしょう。

 

まずは規則正しい生活を目指す

ダイエットの手始めとして、生活習慣を見直して規則正しい生活を心がけることは大事です。

生活内容の乱れが太る原因になっていることが多々ありますが、それゆえにまずはベースとなる普段の生活をしっかりと見直す必要があるのです。

特に改めるべきポイントとしては、栄養バランスの良い食事を意識する・早寝早起きを心がける・適度な運動を行う・ストレスを溜めない・飲酒は控えめにするなどが挙げられます。

これらの要素に乱れがあるとたちまち体型にも影響する可能性があり、そして太りやすい体質までも作り出してしまいます。

しかし、きちんと改善ができれば自然と痩せやすい体質へと変化し、ダイエットの成功率も高めることができるのです。

 

今日から取り入れられる簡単ダイエット習慣

食事の順番を変えるだけでもダイエットになる

食事をする際には食べたい物から口にするのではなく、順番を守って食べるようにすることもダイエットのポイントです。まず最初は汁物です。水分を先に入れることで満腹感を与えやすくなります。

次に食物繊維を含む食材を食べ、これによって血糖値の上昇を抑えて脂肪の吸収も抑制することができます。野菜や果物などに含まれている食物繊維はダイエットに良い働きをするので積極的に摂りましょう。

次にメインとなる肉や魚などのたんぱく質系の食材を食べ、そして最後に炭水化物のご飯や麺類などを食べるようにします。

最後に炭水化物を摂取することが特に大事であり、最初に食べると血糖値が上昇して脂肪の吸収が高まりますので注意が必要です。

 

飲むだけ簡単!白湯の効果とは

手軽なダイエットに白湯を飲むというものがあります。白湯とは沸かしただけのお湯を飲める程度に冷ましたものであり、体に良い働きをしてくれるとして注目されています。

白湯を飲むことで代謝を高めることができるのが特徴です。温かい飲み物を入れることで内臓の働きを活性化させることができますが、それによって血液の流れも良くなりますから、結果的に代謝が良くなりダイエット効果に繋がります。

さらに消化機能も促進されるために便秘の解消にも役立ちます。お湯が優しく内臓に作用しますので、体への負担の心配がなく、自然にお腹の調子を整えていくことができるのです。

水分補給になるのも白湯を飲むメリットです。特に目覚めた時は水分不足になっている傾向がありますが、そうした時に一杯飲むと乾いた体に潤いを与えることができ、白湯なら目覚めたばかりの内臓に対しても負担が小さくて済みます。

 

運動音痴でも簡単にストレッチで代謝を上げる方法

運動はダイエットを成功させるためにも積極的に取り入れた方が良く、特に有酸素運動は脂肪を効率的に燃焼させる効果に優れていてダイエットに最適です。

しかしながら運動は続かないことも少なくない上、運動音痴ですとそもそも取り組みにくく感じられることでしょう。

そこで代わりとして実践したいのがストレッチです。体に柔軟性を持たせるための運動ですが、ストレッチをするだけでも体質に良い影響を与えることができるのです。

筋肉を柔らかくすることで血液の循環が良くなり、代謝もアップさせられます。手軽なストレッチでもダイエットに必要な効果を得ることができる上に負担にもなりにくく、運動が苦手な人でもトライしやすいです。

 

隙間時間の「ながら」が結果につながる!

ダイエットをするための時間を作って集中的に取り組むことは大切ですが、ただダイエットに集中すると続きにくくなってしまうこともあります。

そのため、隙間時間を活用して「ながらダイエット」をすることも結果を出すためのコツです。

やり方としては、例えば階段を上がる時につま先の方だけで歩くようにするというものです。足をべったり着地させる時よりも負荷を大きくすることができ、ふくらはぎや太もも、お尻などに作用させられます。

その他にも湯舟に浸かりながらできる運動もあります。湯舟の中でひざを曲げた状態で座ったら、胸の方に向かってひざを近づけたり離したりする動きをすることで腹筋を鍛えられるのです。

このように何かをしながら行うことで、自然な形で生活にダイエットを取り入れることができます。

 

体重計には毎日決まった時間に乗る

ダイエットの効果をチェックするために毎日体重計に乗って現状を知ることは大切ですが、その際には決まった時間に乗るようにした方が良いでしょう。

気が付いた時だけに体重がチェックされることもあるものの、体重というのは1日の中でも時間帯によって上下の幅が大きいです。

朝昼夜の固定されたタイミングでチェックをしないと、本当の体重を把握することができません。誤った情報に一喜一憂させられてしまうことになりかねません。

現在の正しい体重を知ることによって、ダイエットの方向性や取り組み方を考えられるようになりますので、自身のライフスタイルに合ったタイミングを見つけて、同じ時間にチェックする習慣を持つようにしましょう。

 

美容効果も期待できる半身浴の正しいやり方

半身浴がダイエットに良いと言われていますが、正しいやり方で実践することが大切です。

前準備としてはまず水分補給を行っておくと共に、38~40℃くらいのお湯を貯めておきます。お湯の量は心臓の下のみぞおちあたりが浸かる程度が理想的です。

湯舟に入る時間としては20~30分程度を目安とし、あまり長時間入らないようにしましょう。長く入ってしまうと体に負担がかかり逆効果になるほか、肌の乾燥を招く恐れもありますので要注意です。

上半身に負担をかけないこともポイントですので、腕はお湯の中には入れないようにします。なお、腕まで出してしまうと冷えやすくなることもあるため、湯舟に蓋をして冷えにくくするほか、肩にタオルをかけておくなどの工夫をしましょう。

入浴中に喉が渇いたら水分補給をしますが、冷たい水ですと体を冷やしますので常温水で飲むことが大切です。

 

市販のダイエットグッズは賢く取り入れよう

ダイエットの効率をアップさせるためには、ダイエットグッズを取り入れましょう。成功へ導くためのサポートになってくれます。

ただダイエットを続けにくい傾向がある場合は、あまり負担になるような物は避けた方が良いとも言えます。

手軽に使いやすいグッズの例としては、まずサプリメントが挙げられます。ダイエットグッズの代表的な存在で飲むだけで良いという手軽さが最大の武器です。習慣としても続けやすく取り入れてみる価値が高いと言えます。

普段でも気軽に使えるダイエットシューズなるグッズも良いでしょう。普通の靴のように履いているだけでダイエット効果を得られますので、ダイエットは続かないという人でも継続しやすいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加