タンパク質を上手に摂ってダイエット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

世の中には多くのダイエット方法があり、常に新しい方法が登場しては消えてを繰り返しています。

その為、多くの方にとって永遠のテーマともなっているダイエットですが、従来であれば控えた方が良いとされていた肉に多く含まれるタンパク質を上手に摂取して痩せる方法が近年注目されています。

高タンパク質は女性に人気のダイエット方法

今までのダイエットでは、肉などの脂肪が多い食材は控えた方が良いとされていたダイエットですが、これは今現在でも同様に控えた方が良いのですが、今注目されているのは、そんな肉にも豊富なタンパク質を摂取して痩せるというダイエット方法です。

タンパク質は肉や魚、大豆製品に多く含まれていますが、これらを中心とした食事をしながら野菜や炭水化物もバランスよく摂取していくことで上手に痩せる事ができるようになっています。

またただ単純に体重が落ちるだけではなく、女性にとって大切なメリハリのあるスタイルやダイエットの大敵であるリバウンドをしないこと、さらには健康的な髪の毛や肌を手に入れることができる高タンパク質ダイエットは女性にとって強い味方となっています。

代謝が上がれば燃焼効率もUP

ダイエットを成功させる為の鍵は余分な脂肪を燃焼させることですが、間違った食事制限などを行ってしまうと、落としたいはずの脂肪は落とすことができない場合があります。そして代わりに筋肉や水分が落ちてしまいますので、ダイエットには欠かせない代謝を落とす結果となってしまいます。

そうなればリバウンドをしやすくなり、再び瘦せるにも代謝が悪い為なかなか痩せないといった事態に陥る可能性がありますが、高タンパク質ダイエットでは筋肉の元となっているタンパク質を摂取している為、筋肉量を増やすことができて代謝も上がりますので、脂肪燃焼効果をアップさせることができます。

ただし、高タンパクな食事をしていれば筋肉が付くわけではありませんので、必ず筋肉トレーニングを併用する必要があります。高タンパク質ダイエットを行うのであれば有酸素運動も行いましょう。

美しいシルエットも夢じゃない

ダイエットはただ痩せられれば良いという訳ではなく、やはり見た目にも健康的な痩せ方をしたいという方は多く、女性であれば出る所は出ていて、引き締まるべき部分は引き締まっているというのが理想のダイエットではないでしょうか。

そんな理想のスタイルになる為には、むやみに糖質制限などをするだけでは不十分で、やはりある程度の筋肉を付けていく必要があります。筋肉が十分についていれば自然と体を引き締めてくれますので、気になる部分はトレーニングをすれば引き締めることができます。

しかし、その為にはタンパク質の摂取が重要になる為、高タンパク質ダイエットでは体を引き締める為に必要な筋肉を付けながら痩せることができますので、理想のスタイルを手に入れやすいダイエット方法となっています。

我慢するダイエットとはおさらば

ダイエットと聞くと辛い食事制限をして、無理な運動をするといったイメージがあり、我慢の連続のようにも思われますが、あまり無理に我慢をしているとストレスが溜まってしまい、何かをきっかけに暴飲暴食をしてしまう恐れがあります。

それはダイエットの途中で起こる事もあれば、理想の大樹まで落とせたことをきっかけにご褒美として、我慢していた自分の好きなものを食べてしまう事でも起こります。

これはリバウンド原因になりますが、高タンパク質ダイエットでは意識的に高タンパクの食材を摂取すれば良いだけですので、無理な食事制限などがなく我慢した方が良い食材も少ない為、従来の食事制限によるダイエットが苦手な方であっても無理なく行うことができるようになっています。

健康ついでに美容効果の恩恵も

ダイエットをすると、確かに理想の体重まで痩せる事が可能ですが、中には肌が非常に荒れてしまったり、髪の毛や爪などもボロボロになってしまい、とても健康的とは言えない痩せ方をしてしまうケースがあります。

これは何も考えずに無理な食事制限をすることで髪の毛や肌、爪の生成に欠かすことのできないタンパク質まで不足してしまう事で起こります。これでは、せっかく痩せたのに女性としての魅力が半減してしまい、あまり意味がありません。

ところが高タンパク質ダイエットであれば、髪の毛や肌、爪の生成に重要なタンパク質を多く取り入れる為、ダイエットをしながら見た目にも健康的な痩せ方をすることができて、女性としての魅力を高めながらダイエットを行うことができるようになっています。

動脈も柔軟で硬くなりにくくなる

近年のダイエットではただ痩せることを目的としているだけではなく、綺麗に痩せる事を目的としているものが多いですが、高タンパク質ダイエットも同様で綺麗な体を目指しながら痩せることができるようになっています。

これは言い換えると、体の中の健康状態を保ちながら痩せていくからこそ、見た目にも綺麗に痩せる事ができていると言えます。その為、高タンパク質ダイエットでは様々な病気を併発する恐れのある動脈硬化を予防することもできるようになっています。

そもそも高タンパク質ダイエットではオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいる魚を意識的に摂取していきますので、体内の取り込むオメガ3脂肪酸が増えていけばコレステロール値を抑えたり、さらには血管壁に付着しているコレステロールの塊を溶かすこともできます。

その他にも血液そのものをサラサラにする効果もありますので、血管と血液の両方を若返らせてくれますので、心疾患や脳疾患の発症リスクを低下させる効果が期待できます。

糖尿病にもなりにくくなる

高タンパク質ダイエットには、ただ痩せるだけではなく見た目にも綺麗な体にすることができて、さらには体の中からも健康的な痩せ方をすることができるようになっていますので、様々な病気の予防にも効果的なダイエットになります。

先ほど動脈硬化の予防効果がある事をお伝えしましたが、その他にも生活習慣病の一種である糖尿病の予防改善効果が期待できるダイエット方法になります。

糖尿病は多くの日本人が発症している生活習慣病で、予備軍も含めるとかなりの人数が糖尿病になるリスクを抱えていると言われています。

しかし、高タンパク質ダイエットによって体内に豊富なタンパク質が取り込まれることで、血糖値の上昇を抑える効果が期待できますので、糖尿病になるリスクを軽減させる効果があります。

ホルモンバランスの調整もお手の物

現在人は忙しい生活によって食生活が乱れがちですが、そこに加えて無理な食事制限をしてしまうと、様々な異常が身体に現れてしまいます。

そんな以上の一つに女性であれば女性ホルモンのバランスが乱れるといったことが挙げられます。女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、女性らしい体つきを維持できなくなったり、肌や髪の毛などのハリや艶も失われてしまいます。

そんな女性ホルモンですが、高タンパク質ダイエットでは大豆製品の摂取を積極的に行います。そして大豆製品には女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれていますので、乱れがちな女性ホルモンのバランスを整えてくれて、肌や髪の毛にハリや艶をもたらしてくれる効果があります。

自身の体重と同量のタンパク質をとろう

高タンパク質ダイエットは闇雲に高タンパクな食材を多く食べれば良いという訳ではなく、自分に合った量の摂取を心掛けることが重要で、それは自身の体重によって適切なタンパク質の摂取量は異なってきます。

1日あたりの摂取量としての考え方は、単純で体重1kgに対してタンパク質は1g摂取すれば良い計算になります。その為、体重が50kgの場合には、タンパク質を50g摂取すれば良いという事です。

ただし、高タンパク質ダイエットを行う場合には適度な運動も同時に行っていく為、その運動の量によっては摂取するタンパク質の量も少し多めに摂取した方が良くなります。

考え方としては、筋肉を維持したい場合には体重1kgに対して1.2~1.4g程度のタンパク質が必要で、筋肉を付けたい場合には1.6~1.7g程度のタンパク質を摂取すると良いでしょう。

動物性と植物性の違いを学ぶ

高タンパクな食材と言っても、その種類は数多くありますので、ただ闇雲に高タンパクな食材を摂取すれば良いという訳ではありません。

高タンパクの食材と言えば肉や魚、卵、大豆製品、乳製品がありますが、これらの食材には動物性のタンパク質と植物性のタンパク質があり、これらの種類を意識しながら摂取することが重要となってきます。

いくら高タンパクだからと言って肉ばかり食べていると、血液中のコレステロール値や中性脂肪の値を上昇させてしまい、ダイエットどころか健康を害してしまう恐れが出てきます。

だからと言って植物性のタンパク質のみにしてしまうと、人間が体内では生成することのできない必須アミノ酸は植物性のタンパク質よりも動物性のタンパク質の方がバランスが良い為、必須アミノ酸の摂取量が不足してしまう恐れがあります。

大切なことはどちらか一方のタンパク質に偏った食事をするのではなく、両方のタンパク質をバランス良く摂取することです。そうする事でただ痩せるだけではなく健康的に、美しく痩せる事ができるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加